FF5の三大裏ボス ギルガメ・神竜・オメガの簡単攻略法

ゲーム攻略

ギルガメとは

FF5には反則級に強いモンスターが3体います。

ギルガメ・オメガ・神竜です。

これらは完全に対応した戦術を取らない限り、無事に倒すことはできません。

このうちオメガと神竜は第三世界に入った後、ストーリーのほぼクライマックスで戦うことが出来るようになります。

ギルガメに関しては、基本的に第二世界でしか戦うことができないため、期間限定の反則級モンスターとなっています。

ギルガメの居場所

ギルガメの洞窟はビッグブリッジへつながる洞窟の途中に隠されています。

ちょうど中間地点に下側へ通じる道があります。

扉がフラグとなっていて、ここから先がギルガメの領域となります。

最深部まで行った後でも、この扉まで戻れば再度ギルガメは出るようになります。

いちいち洞窟の外まで出る必要はありません。

歩くごとにギルが手に入り、その都度ギルガメとのエンカウントが判定されます。

なお、ギルガメはギルガメッシュと名前の大部分がかぶっていますが、関係性はありません。

戦闘準備

ギルガメ対策は数種類ありますが、もっとも楽な倒し方を紹介します。

重要なことは、

・レビテト状態。

・防御役以外が瀕死。

・バックアタック対策にけいかいをつける。

です。

防御役(ナイト)

防御の要です。

ギルガメの初撃は食らう可能性がとても高いので、一撃は耐えることができる必要があります。この装備でHPが1000あれば十分です。

後衛に配置。

けいかいがあると、バックアタックが防げるので、生存確率があがります。

ギルガメは物理攻撃しかしてこないので、マインゴーシュとエルフのマントでできる限り回避を高めました。

戦闘が開始したら、すぐにまもりを行います。

戦闘中は毎ターンまもりを行うだけです。ボーンメイルだとスリップダメージが残って痛いのでおすすめしません。

攻撃役(うたう)

装備は適当です。重要なことはうたうが使えることです。レクイエムさえ覚えていれば初期の吟遊詩人で問題ありません。アビリティには魔力のあがる召喚や青魔法や黒魔法をつけると良いです。

事前に味方のHPを瀕死にしておく必要があります。これには青魔法のデスクローを味方に使うと良いでしょう。

攻撃手段はうたうのレクイエムです。

ただし、ナイトがまもるを行うまで絶対に攻撃してはいけません。ギルガメはカウンターの鬼なので、ナイトが最初に行動しないと壊滅します。

レビテトを一回かけるだけの時魔道士(攻撃役)

やることは攻撃役と同じでうたうでレクイエムですが、空を飛んでいないといけないのでレビテトを使えるように一応ときまどうし。

戦闘前にレビテトかけた後に、吟遊詩人にしてももちろん問題なし。

戦闘時

初撃はナイトが耐えましょう。もしHPが少なくなったら他の攻撃役がハイポーションでも使ってあげましょう。

まもりが使えるようになったら直接的な物理ダメージはすべて0になります。

あとは、他の3人がレクイエムをずっと使います。

上の装備とステータスで2500以上のダメージが3人出るので、1ターンに7500以上のダメージは期待できます。レベルや能力の低い吟遊詩人でも1800程度は出せます。

ただ、ギルガメはHPは3万以上あり、めちゃくちゃ多いのでこれだけのダメージを与えていても倒すのに数ターンはかかります。

最後に、ファイナルアタックでじしんを使ってくるのでレビテト状態でないとやられます。初見殺しです。

リザルトは5000ギルと3ABP。

準備さえできれば時間はかかりますが、安定的に倒すことが可能なので、試してみるのはいかがでしょうか。

準備の手間はかかりますが、お金稼ぎの効率は良いです。

忍術の巻物を使用して攻略を進めてきた人は、お金もそんなにたまっていないと思うので、ここで何度か奥まで歩いて所持金を50万ギルくらいまで貯めておくと第三世界後も楽です。

ちなみに、ギルガメの勲章もギルガメの紋章もギルガメの印も手に入りません。

神竜について

神竜はラストフロアの一歩手前の宝箱の中に入っています。

神竜は攻撃力こそオメガと同等ですが、耐性などはザルなので色々な倒し方があります。

簡単な倒し方としては基本的には、ギルガメと同じ倒し方が可能です。

注意点としては、ギルガメと違って物理攻撃以外もするので、物理攻撃だけしかしてこない状態にする必要があります。つまり、バーサクをかけます。

耐性がざるなので、白魔法のバーサクが効きます。

バーサクをかければ殴ってくるだけなので、ギルガメと同じく攻撃役の味方を瀕死にして、ナイトやかばうアビリティ持ちのキャラがまもるを選択すれば、無傷で完封できます。

まずはかばう+まもり役。毎ターン!まもりしか行わないのでアビリティ欄が余ります。けいかいでもつけてあげれば、バックアタックを防げます。

装備はエルメスのくつだけで十分です。

エルメスのくつがなければ、先手でダイダルウエイブを食らって全滅します。

なので戦闘に入ったら、すぐにまもりを行いましょう。

次にバーサク役です。バーサクは1回かければ戦闘中は永続的にバーサク状態なので1回かけるだけで十分です。

しろまほうをセットしましょう。

ナイト役と同じく、神竜のタイダルウェイブの前に神竜にバーサクをかける必要があります。

よってエルメスの靴は必須です。

あとはできればナイト役よりも早く動けた方がスムーズでしょう。

バーサクを神竜にかける。

あとはナイトが守りを行えば、ダメージは全部0です。

守られる3人のメンバーはデスクローで瀕死にしておくのも良いですが、面倒なら戦闘中にやられて、レイズなどで復活させてあげれば瀕死状態になります。ただしアレイズは全快してしまうのでダメです。

あとはどう料理しても倒せるとは思いますが、しんりゅうはシルドラが効くほどの耐性のザルっぷりなので、

シルドラ+エアナイフ+金の髪飾りあたりで攻撃してあげれば、そのうち倒せるでしょう。

ちなみに神竜戦は退却できるので、すばやさを調整して、ぬすむ→ぬすむ→ぬすむ→とんずらをすれば、ボタン連打で延々と盗むことができます。

ノーマルだとりゅうのきば。レアだとりゅうのひげが盗めます。

倒すとりゅうのもんしょうとラグナロクが手に入ります。

他にも真面目に倒す方法として最初のタイダルウエイブ対策にさんごの指輪、ふぶき対策にアイスシールドを装備するなどもあります。アイスシールドはしんりゅうフロア一個前のラストフロア2(ムーバーフロア)でレベル上げをしていたらそのうち人数分集まっているでしょう。

正攻法でも装備さえ整えれば普通に倒せるレベルのボスです。ある意味、裏ボスの中で一番やさしい。

オメガ

オメガを相手にする上で厄介なのはカウンターです。

カウンターさえ受けずに、全員が『ほのおのゆびわ』を装備していれば、すぐに全滅なんてことにはならずに、意外と平気だったりします。

よってカウンターを受ける前に一撃で倒すと楽です。無駄な攻撃はやめましょう。

 

ほぼ完全耐性なオメガですが、

オメガは

1,まほうけん サンダガ(弱点)

2,にとうりゅう みだれうち(防御力無視・必中・8回攻撃)

3,最高まで鍛えたチキンナイフ(重要)あとはエクスカリバーかラグナロク

に異常に弱いです。

これらを揃えることができれば攻撃役一人の攻撃で一撃です。1ターン目に魔法剣サンダガをかけて、2ターン目には倒すことができます。

他には、あいのうたを使って止める方法もあります。

余談 最強の青魔法マイティガード習得方法

第三世界のフェニックスの塔がある右下のここの海を左右にうろうろすると、マイティガードを習得することができるスティングレイに遭遇できます。

遭遇確率は低いです。

あやつらないと習得できません。

これで、通常ボスは楽勝!

コメント